春高バレー

女子準決勝 古川学園(宮城) 強打で雪辱果たす、悲願の優勝にあと1つ

【第74回春の高校バレー女子準決勝 古川学園(宮城)対下北沢成徳(東京)】第3セット 得点し喜びを爆発させる古川学園の選手=8日、東京体育館(長尾みなみ撮影)
【第74回春の高校バレー女子準決勝 古川学園(宮城)対下北沢成徳(東京)】第3セット 得点し喜びを爆発させる古川学園の選手=8日、東京体育館(長尾みなみ撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は8日、東京体育館(東京都渋谷区)で男女の準決勝計4試合が行われた。女子の古川学園(宮城)は身長195センチのタピアらの活躍で下北沢成徳(東京)に3-1で快勝、2年ぶりの決勝進出を決めた。9日の決勝で前回大会の準決勝で敗れた就実(岡山)に挑む。

昨夏の全国高校総体準々決勝で下北沢成徳に敗れた古川学園。その雪辱を果たし、悲願の春高優勝まであと1勝とした。

第1セットは終盤に4点差をつけられたが阿部や鈴木玲の強打などで同点とした。ジュースとなった競り合いをタピアの強打などで制し、セットを先取した。

第2セットを落とした後の第3セット。得点源のタピアのスタート時のポジションを後衛から前衛に切り替えた。これが奏功してタピアもブロード(移動)攻撃を随所で決め、主導権を握る。阿部の強打も決まり大差でセットを奪った。

第4セットはリードして迎えた終盤、相手の猛攻に遭い、一時は同点に追いつかれた。だが、鈴木玲が難しいトスを打ち切ってマッチポイントを握り、最後も鈴木玲が強打を決め、勝利をつかんだ。試合後、鈴木玲は「エースとして思い切り打った」と振り返った。

〇古川学園・岡崎典生監督「3セット目から本来の力を出せるようになった。選手は(下北沢成徳に敗れた)全国高校総体のリベンジの意識が強かった」

○古川学園・熊谷仁依奈主将「全セット苦しい展開になったが、自分たちのバレーは変わらずしっかりできた。18人の『絶対に勝つ』という気持ちが勝因」