高川学園の快進撃がストップ

【第100回全国高校サッカー選手権大会 高川学園対青森山田】試合に敗れ、がっくり肩を落とす高川学園イレブン=国立競技場(蔵賢斗撮影)
【第100回全国高校サッカー選手権大会 高川学園対青森山田】試合に敗れ、がっくり肩を落とす高川学園イレブン=国立競技場(蔵賢斗撮影)

サッカーの全国高校選手権第6日は8日、東京・国立競技場で準決勝1試合が行われ、高川学園(山口)は青森山田に敗れた。

ユニークなセットプレーを武器に国立競技場へ駒を進めた高川学園の快進撃が止まった。優勝候補とされる青森山田の壁にはね返され、江本監督は「素晴らしいチームを相手に、選手はよく頑張ってくれた」と教え子をねぎらった。

選手が手をつないで回転し、相手を攪乱するなどのセットプレーが持ち味だったが、警戒した相手の術中にはまり、この日はCKは0本。相手陣内でのFKもほとんどなかった。ゲームキャプテンの北は「優勝できなかったのは本当に悔しいが、ここまで来られたのはよかった」と満足感も漂わせていた。