春高バレー

男子準々決勝 雄物川、8年ぶりに4強入り

【第74回春の高校バレー 男子準々決勝 崇徳(広島)対雄物川(秋田)】第2セット レシーブに飛び込む雄物川・佐々木翼(7)=7日、東京体育館(長尾みなみ撮影)
【第74回春の高校バレー 男子準々決勝 崇徳(広島)対雄物川(秋田)】第2セット レシーブに飛び込む雄物川・佐々木翼(7)=7日、東京体育館(長尾みなみ撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は7日、東京体育館(東京都渋谷区)で男女の3回戦と準々決勝の計24試合が行われた。3回戦で県岐阜商(岐阜)を退けた男子の雄物川(秋田)は、準々決勝も崇徳(広島)をフルセットで下し、8年ぶりに4強入りした。

フルセットに突入した準々決勝第3セット。雄物川の石塚、角田の両エースが息を吹き返した。左利きの石塚がライトからの強打を決めれば、角田もレフトで存在感を示し、序盤から主導権を握った。

第2セットで相手ブロックのマークに苦しんだ反省を踏まえ、石塚が「相手守備を崩すことを考えた」と冷静にコースを打ち分けた。角田も「スパイクの入り方を変えた」と、ブロックを外した2人の工夫も功を奏した。

脇役も躍動した。第3セット、1年生のセンター・高橋一が勝負どころでの1枚ブロックで崇徳のバックアタックを止めて勝利をたぐり寄せた。石塚は試合後、「目標のベスト4を達成し、監督を初めてセンターコートに立たせられる。明日も挑戦者として全力でいく」と力を込めた。

◯雄物川・宇佐美大輔監督「石塚と角田が最後までしっかりと打ち、こちらのリズムになった。彼らには最後まで悔いの残らない戦いをしてほしい」