沖縄、広島、山口各県に蔓延防止適用 9~31日

新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、沖縄、広島、山口3県への「まん延防止等重点措置」適用を表明する岸田文雄首相=7日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)
新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、沖縄、広島、山口3県への「まん延防止等重点措置」適用を表明する岸田文雄首相=7日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)

政府は7日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を官邸で開き、コロナ対応の改正特別措置法に基づく「蔓延防止等重点措置」を沖縄、広島、山口の3県に適用すると決定した。期間は9日から31日まで。

岸田文雄首相は、「全国の新規感染者数は、年末年始にかけて増加しており、(新変異株の)オミクロン株の市中感染の発生も各地で明らかになっている」と指摘。その上で、3県から重点措置の適用を求める要請があったとして、「政府としても3県の感染拡大に早急に対応する必要があると判断した」と説明した。知事の判断で酒類の提供を停止できるようにするなど重点措置の内容を強化する考えも重ねて示した。