自民、特別委の再編案提示 参院、設置数は変わらず

自民党本部外観(鴨川一也撮影)
自民党本部外観(鴨川一也撮影)

自民党は7日の参院議院運営委員会理事会で、17日召集の通常国会で参院に設置する特別委員会の再編案を提示した。先の臨時国会で置かれた「政府開発援助」と「沖縄北方」を統合し、「地方創生・消費者問題」は「地方創生・デジタル」と「消費者」に分離するとした。総数は七つで変わらない。各党は持ち帰った。

特別委は衆参両院で、国会召集ごとに必要に応じて設置される。日本維新の会は活動実績が乏しいとして統廃合など合理化するよう求めている。