村瀬心椛が1位通過 スノボW杯スロープ第2戦予選

スノーボード・スロープスタイルのワールドカップ(W杯)第2戦は6日、米カリフォルニア州マンモスマウンテンで予選が行われ、女子は1日の開幕戦を制した17歳の村瀬心椛(ムラサキスポーツ)が83・75点をマークし、1位で上位10人が争う8日の決勝に進出した。

2018年平昌冬季五輪代表の岩渕麗楽(バートン)は59・27点の11位、芳家里菜(STANCER)は49・75点の19位で落選。鬼塚雅(星野リゾート)は棄権した。

男子は強風のため7日に延期となった。(共同)