春高バレー

女子3回戦 大阪国際滝井(大阪)接戦及ばず

【共栄学園-大阪国際滝井】第3セット、失点して肩を落とす大阪国際滝井の選手=東京体育館(甘利慈撮影)
【共栄学園-大阪国際滝井】第3セット、失点して肩を落とす大阪国際滝井の選手=東京体育館(甘利慈撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞社など主催)は7日、東京体育館(東京都渋谷区)で男女の3回戦と準々決勝計24試合が行われた。大阪府代表の女子・金蘭会は3回戦で都城商(宮崎)、準々決勝で三重(三重)をそれぞれストレートで破り、2年ぶりのベスト4進出を決めた。女子・大阪国際滝井は3回戦で共栄学園(東京)に接戦の末、フルセットで敗れた。8日に行われる準決勝で、金蘭会は就実(岡山)と対戦する。

前回準優勝校の大阪国際滝井はフルセットまでもつれ込んだ接戦の末、涙をのんだ。

「スパイクをクロスに抜かれないようにブロックしろ」。才崎哲次監督の指示のもと第1セットでは、2回戦で大量得点を決めた共栄学園のエースからブロックポイントを奪い、守備から流れをつくる。攻めては中井心音(3年)が移動攻撃を2回連続で成功させるなど10点差をつける猛攻で第1セットを先取した。

一方、第2セットでは「力みが出てしまった」(才崎監督)ことでブロックが乱れ、相手エースの強烈なスパイクに苦しむ。エースの藤原絢奈(じゅんな)(3年)が強弱を使い分けたスパイクで奮闘するも第2セットをあえなく落とす。

続く第3セットでは、トス回しのミスなどで一時9点差を追いかける展開に。最後まで相手の勢いを断ち切ることができず8強進出を逃した。

大阪国際滝井・才﨑哲次監督 「第2セットが勝負の分かれ目。相手に攻撃パターンを読まれて流れを持っていかれてしまった」