春高バレー

女子準々決勝 八女学院(福岡)初出場で大健闘

【下北沢成徳-八女学院】準々決勝の第1セット、得点を挙げて喜び合う八女学院の選手=東京体育館(鴨志田拓海撮影)
【下北沢成徳-八女学院】準々決勝の第1セット、得点を挙げて喜び合う八女学院の選手=東京体育館(鴨志田拓海撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞社など主催)は7日、東京体育館(東京都渋谷区)で男女の3回戦と準々決勝計24試合が行われた。福岡県代表の男子・東福岡は準々決勝で日本航空(山梨)と対戦、フルセットの壮絶な戦いに惜しくも涙をのんだ。初出場の女子・八女学院も準々決勝までコマを進めたが、下北沢成徳(東京)に敗れた。

初出場で8強入りの快進撃をみせた八女学院。準々決勝で敗れはしたが、まさしく今大会の「台風の目」だった。

全国高校総体との2冠を目指す下北沢成徳との準々決勝。高い壁とスピードとパワーが立ちはだかった。だが、森川紗帆(3年)が鋭いスパイクで3枚ブロックを打ち抜けば、主将の楢原萌々華(3年)も相手の強烈スパイクに食らいついて好レシーブを連発。練習を重ねたブロックで得点も奪い、堂々と戦い抜いた。

毎朝の学校清掃を欠かさないなど生活面を厳しく律し、プレーだけでなく心も磨いてきた。「ご指導いただいた監督に少しは恩返しできたかな」という楢原は「チーム力はどこにも負けなかった」と胸を張った。

八女学院・木屋和成監督 「夢の舞台で8強。短い練習の中で努力を続け、大会では一戦ごとにたくましく成長してくれた。ありがとうと言いたい」