世界のコロナ感染者3億人超す オミクロン流行で爆発的増加

マスク姿で通りを歩く人々=6日、ブリュッセル(ゲッティ=共同)
マスク姿で通りを歩く人々=6日、ブリュッセル(ゲッティ=共同)

米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が7日、世界全体で3億人を超えた。感染力の強い新変異株オミクロン株の流行と、人の交流が増える年末年始休暇が重なり、爆発的に感染が拡大。オミクロン株は重症化率が低いとみられているが、感染者の急増は医療体制の逼迫(ひっぱく)を招き死者数の増加につながるため、世界保健機関(WHO)は油断を戒めている。

累計感染者数は昨年1月26日に1億人を上回った後、5000万人増に要した日数は95日前後で推移。だが昨年11月に南アフリカが覚知した変異株をWHOが最も警戒を要する「懸念される変異株(VOC)」と認定、オミクロン株と命名した後は感染ペースが上がり、今回は過去最短の60日で感染者が5000万人増えた。(共同)