コロナ相次ぎ12試合が中止 バスケBリーグ1部

バスケットボール男子のBリーグは6日、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触者が相次いで出たため、8~10日に行われる予定だった1部(B1)の12試合を中止すると発表した。

北海道―三遠(9、10日・北海きたえーる)横浜BC―A東京(8、9日・横浜国際プール)信州―広島(8、9日・長野市ホワイトリング)名古屋D―茨城(8、9日・ドルフィンズアリーナ)大阪―新潟(8、9日・おおきにアリーナ舞洲)琉球―千葉J(8、9日・沖縄アリーナ)が中止となるカードで、代替試合の有無は未定。

6日までに広島では選手やスタッフの計18人が、同じく大阪は計9人が陽性判定を受けた。また、北海道、A東京、琉球でもそれぞれ選手に陽性者が出た。