春高バレー

女子3回戦 奈良文化(奈良)初のベスト8ならず

【八女学院-奈良文化】第2セット、ブロックに跳ぶ奈良文化の石野早映(9)と津田聖佳(3)=東京体育館(鴨志田拓海撮影)
【八女学院-奈良文化】第2セット、ブロックに跳ぶ奈良文化の石野早映(9)と津田聖佳(3)=東京体育館(鴨志田拓海撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞社など主催)は7日、東京体育館(東京都渋谷区)で男女の3回戦と準々決勝計24試合が行われた。奈良県代表の女子・奈良文化は3回戦で八女学院(福岡)に敗れ、初のベスト8進出はならなかった。

粘り強いレシーブを身上とするチーム同士の対戦。拾い合うバレーが予想されたが、奈良文化は陣形が崩される場面が目立った。

「相手のトスに偏りがなく、スパイクへの対応が遅れた」とセッターの石野早映(3年)。うまく対応できないまま、第1セット後半に9点差をつけられる。

その直後、奈良文化は主将の奥出望未(のぞみ)(3年)、エースの伊関万絢(まひろ)(3年)のスパイクなどで5連続ポイントを奪い、セットは落とすものの次につなげる。

第2セットは前田亜海(2年)の攻守の活躍などで中盤はリードするが、終盤は均衡。ジュースにもつれ込む土壇場で、小学生の頃から一緒に励ましあってきた石野-奥出のコンビプレーが輝いた。

石野のバックトスから、「絶対に決める」と気持ちを乗せた奥出の速攻が24点目から3本決まったが、最後は一歩及ばず涙をのんだ。

奈良文化・中山健監督 「勝ちたかった試合で残念だが、大舞台で持てる力をよく発揮してくれた。選手たちに感謝したい」