維新、委員長手当廃止法案を提出へ

日本維新の会の遠藤敬国対委員長は7日の記者会見で、通常国会召集日に常任委員会と特別委員会の委員長手当廃止法案を提出すると述べた。維新は特別委の開催実績が乏しいとして統廃合の必要性を訴えている。

会見に先立つ衆院議院運営委員会理事会では、通常国会における「最低、月に一度の特別委開催」などを提案したと説明。「(審議が)できない理由を探すよりも、できる理由を考えてくれということをお願いした」と語った。

自民党が提案した「文書通信交通滞在費」(文通費)の法改正に関する各党協議体の設置については、自民から連絡がないなどとして不快感を示した。