米国務副長官、欧州歴訪へ ロシアと戦略対話

米国務省のシャーマン副長官(ロイター)
米国務省のシャーマン副長官(ロイター)

米国務省は6日、シャーマン副長官が8~13日の日程でスイス、ベルギーを歴訪すると発表した。10日にジュネーブでロシアとの戦略的安定対話に出席し、12日にブリュッセルで北大西洋条約機構(NATO)ロシア理事会に参加する。

シャーマン氏は6日、NATOのジョアナ事務次長と電話会談し、ウクライナ国境周辺に展開するロシア軍部隊への懸念を共有した。ロシアと「意味のある対話」をする用意があるとする一方、ウクライナへの侵攻抑止に向け連携する方針を確認した。NATOロシア理事会での対応についても協議した。(共同)