米、北朝鮮のミサイル発射を非難 「国際社会に脅威」

プライス米国務省報道官(ロイター)
プライス米国務省報道官(ロイター)

プライス米国務省報道官は6日の記者会見で、北朝鮮による現地時間5日の弾道ミサイル発射は「国連安全保障理事会の決議に違反し、国際社会に脅威を与えている」と改めて非難した。

安保理で対応を協議する緊急会合を開催するかどうかについては「同盟国や友好国と緊密に協議している」と述べるにとどめた。米国は北朝鮮との対話再開を模索しており、過度な刺激を避ける思惑があるとみられる。(共同)