春高バレー

女子3回戦、米沢中央は逆転で敗れる

【第74回春の高校バレー女子3回戦 米沢中央(山形)対岡崎学園(愛知)】第3セット 得点を奪われ、険しい表情になる米沢中央の選手ら=7日、東京体育館(鴨志田拓海撮影)
【第74回春の高校バレー女子3回戦 米沢中央(山形)対岡崎学園(愛知)】第3セット 得点を奪われ、険しい表情になる米沢中央の選手ら=7日、東京体育館(鴨志田拓海撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は7日、東京体育館(東京都渋谷区)で3回戦が行われ、山形県代表の女子・米沢中央は、岡崎学園(愛知)と対戦。フルセットの末、逆転負けで8強入りを逃した。

米沢中央は第1セット、伊藤未が「相手ブロックを弾き飛ばしてやる」と気迫の強打で好発進。主将でエース・亀井美も相手の指先に当ててブロックアウトを奪うなど試合を優位に進めて25―18で圧倒した。

しかし、第2セットは相手の高いブロックに弾き返される。亀井美が「止められても、つながないといけない展開の中、互いに顔を見合わせた」というように調子が狂い、フルセットに持ち込まれる。

勝負の最終セット。序盤こそ佐藤佑の強打などで加点したが、中盤以降は相手の猛攻を食い止められず、ゲームセット。8強入りを逃した亀井美は試合後、「冷静に戦いきれなかった。最後は力任せで崩れてしまった」と悔やんだ。

●米沢中央・石田和也監督「自分たちのリズムが狂い、3セット目の拮抗(きっこう)する点数の中、攻める姿勢が劣ってしまった」