NYTがスポーツサイト買収 有料1千万人目指す

米ニューヨーク・タイムズのビルの看板=2021年5月、ニューヨーク(AP)
米ニューヨーク・タイムズのビルの看板=2021年5月、ニューヨーク(AP)

【ニューヨーク=平田雄介】米大手紙ニューヨーク・タイムズ社(NYT)は6日、スポーツ専門サイトの「ジ・アスレチック」を5億5000万ドル(約630億円)で買収することで合意したと発表した。買収により新聞とデジタル部門を合わせた有料契約者を2025年までに1000万人に増やす目標を前倒しで達成できる可能性があるとした。

ジ・アスレチックは16年創業。長文の記事がスポーツファンに人気で有料契約者120万人を抱える。NYTはデジタル部門の拡大に力を入れており、過去3年間で有料契約者を800万人以上に倍増させた。

両社の契約者の重複は比較的緩やかで、NYTのレビアン最高経営責任者(CEO)は声明で、「買収により、スポーツジャーナリズムの分野でも世界的なリーダーになる」と述べた。

NYTは全額現金で買収を行い、3月末までの買収完了を目指す。買収後もジ・アスレチックの経営陣は残留し、NYTの編集局やスポーツ部門とは別に運営される。