指原莉乃&いとうあさこMC「トークィーンズ」4月からレギュラー化

“トークィーンズ”を率いる指原莉乃(左)、いとうあさこ(C)フジテレビ
“トークィーンズ”を率いる指原莉乃(左)、いとうあさこ(C)フジテレビ

フジテレビは7日、4月から「トークィーンズ」(木曜後11・0)をレギュラーでスタートさせると発表した。

これに伴い、放送中の「アウト×デラックス」は3月いっぱいで終了し、9年の歴史に幕を下ろす。

番組は、指原莉乃(29)といとうあさこ(51)が最強女性軍団である“トークィーンズ”を結成し、ゲストの素顔や新たな魅力を引き出すトークバラエティー。一昨年11月に関東ローカルで初回放送され、その後全国ネットへ進出。これまでに4回オンエアされ、特に10~30代の若年、女性層の支持を受けているという。

ゲストについては、女性陣が自ら事前に直接取材を行い、その情報をもとにスタジオに招いたゲストを質問攻めにする。過去に小泉孝太郎、新庄剛志、中居正広らが登場している。

全国ネットのフジレギュラーMCが初となる指原は、レギュラー化にびっくりの様子で「収録後、毎回みんながヘトヘトになるくらい全力で楽しんでいる番組。ここでしか見られないようなゲストの方々の新しい一面を見つけられる番組になるといいな」、いとうも「そう、毎回クッタクタで、そんな番組、毎週できるわけない(笑)」と驚き、それでも「51歳は駅で敢えて階段を使ったり、いつもより歩いてみたり…。体力作りをコツコツ頑張っている。ゲストの方々、全力でいかせていただくのでよろしくお願いします(笑)」とフジ初MCに意欲満々だった。

冨田直伸ディレクターは「世の中の女性たちが今何を見てどう感じるのか。最前線にいる女性MCたちの目線を通してリアルに知ることができる番組」、江本薫チーフプロデューサーは「かゆいところに手が届くだけでなく、かゆくないところも“そこ、かゆかった(笑)”と気付かされる、ゲストの知られざる素顔が次々と引き出されるトークバラエティー」とそれぞれ語っている。

(産経デジタル)