沖縄で最多1414人感染 9日から重点措置

沖縄県の玉城デニー知事
沖縄県の玉城デニー知事

沖縄県は7日、過去最多の1414人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの感染者数が1千人を超えるのは初めて。急激な感染拡大を受け、政府は同日、県内全域に蔓延(まんえん)防止等重点措置の適用を決定した。

期間は9~31日。県民に県外などへの不要不急の往来自粛を求め、飲食店には営業時間の短縮などを要請する。玉城デニー知事は7日に会見し、「オミクロン株は驚異的であり爆発的だ。重症化リスクの高い方々を守る必要がある」と述べた。

県によると、新たな感染者のうち20代が745人で半分以上を占めた。60代以上も82人おり、若者らの感染が高齢者に広がりつつある状況がみられた。

米軍基地内でも新たに254人の感染が分かった。