フォト特集

3季ぶり、2度目の総合V 小林陵侑、ジャンプ週間

W杯男子個人第13戦を兼ねたジャンプ週間最終戦5位で総合優勝し、トロフィーを手にポーズをとる小林陵侑=ビショフスホーフェン(AP=共同)
W杯男子個人第13戦を兼ねたジャンプ週間最終戦5位で総合優勝し、トロフィーを手にポーズをとる小林陵侑=ビショフスホーフェン(AP=共同)

ノルディックスキー・ジャンプ男子で北京冬季五輪金メダル候補の小林陵侑(25)=土屋ホーム=が6日、年末年始恒例のジャンプ週間で3季ぶり2度目の総合優勝を果たした。

オーストリアのビショフスホーフェンで行われた最終戦は5位。2018~19年シーズンに達成した完全制覇(4戦全勝)の再現こそ逃したが、4戦8回の飛躍の合計得点で争う総合は譲らなかった。日本のエースが70回目を迎えた伝統の大会を制し、2月の北京五輪へ大きな弾みをつけた。(共同)

W杯男子個人第13戦を兼ねたジャンプ週間最終戦5位で、3季ぶり2度目の総合優勝を果たした小林陵侑=ビショフスホーフェン(AP=共同)
W杯男子個人第13戦を兼ねたジャンプ週間最終戦5位で、3季ぶり2度目の総合優勝を果たした小林陵侑=ビショフスホーフェン(AP=共同)
W杯男子個人第13戦を兼ねたジャンプ週間最終戦5位で、3季ぶり2度目の総合優勝を果たした小林陵侑=ビショフスホーフェン(共同)
W杯男子個人第13戦を兼ねたジャンプ週間最終戦5位で、3季ぶり2度目の総合優勝を果たした小林陵侑=ビショフスホーフェン(共同)
W杯男子個人第13戦を兼ねたジャンプ週間最終戦で、2回目の飛躍を終えた小林陵侑(中央)。右は出迎えた兄の潤志郎=ビショフスホーフェン(共同)
W杯男子個人第13戦を兼ねたジャンプ週間最終戦で、2回目の飛躍を終えた小林陵侑(中央)。右は出迎えた兄の潤志郎=ビショフスホーフェン(共同)
W杯男子個人第13戦を兼ねたジャンプ週間最終戦で、2回目の飛躍を終えた小林陵侑。右は出迎えた兄の潤志郎=ビショフスホーフェン(共同)
W杯男子個人第13戦を兼ねたジャンプ週間最終戦で、2回目の飛躍を終えた小林陵侑。右は出迎えた兄の潤志郎=ビショフスホーフェン(共同)
年末年始恒例のジャンプ週間で3季ぶり2度目の総合優勝を果たしたノルディックスキー・ジャンプ男子の小林陵侑(中央)=6日、ビショフスホーフェン(ゲッティ=共同)
年末年始恒例のジャンプ週間で3季ぶり2度目の総合優勝を果たしたノルディックスキー・ジャンプ男子の小林陵侑(中央)=6日、ビショフスホーフェン(ゲッティ=共同)
ジャンプ週間で3季ぶり2度目の総合優勝を果たし、ガッツポーズで喜ぶ小林陵侑=ビショフスホーフェン(共同)
ジャンプ週間で3季ぶり2度目の総合優勝を果たし、ガッツポーズで喜ぶ小林陵侑=ビショフスホーフェン(共同)
ジャンプ週間で3季ぶり2度目の総合優勝を果たし、表彰台に立つ小林陵侑(中央)=ビショフスホーフェン(AP=共同)
ジャンプ週間で3季ぶり2度目の総合優勝を果たし、表彰台に立つ小林陵侑(中央)=ビショフスホーフェン(AP=共同)

違う味、うれしい

小林陵侑の話 この2年間の結構苦しいジャンプ週間の思い出もある。(3季前の総合優勝と)違う味。またゴールデンイーグル(総合優勝者に贈られる黄金のワシのトロフィー)が取れてうれしい。(共同)

年末年始恒例のジャンプ週間で3季ぶり2度目の総合優勝を果たしたノルディックスキー・ジャンプ男子の小林陵侑 =6日、ビショフスホーフェン(AP=共同)
年末年始恒例のジャンプ週間で3季ぶり2度目の総合優勝を果たしたノルディックスキー・ジャンプ男子の小林陵侑 =6日、ビショフスホーフェン(AP=共同)


W杯男子個人第13戦を兼ねたジャンプ週間最終戦で4位に入った佐藤幸椰=ビショフスホーフェン(ロイター=共同)
W杯男子個人第13戦を兼ねたジャンプ週間最終戦で4位に入った佐藤幸椰=ビショフスホーフェン(ロイター=共同)

2回目は力任せに

佐藤幸椰の話(表彰台にわずかに届かず)2回目は力任せにいった感じがあった。飛型点はすごく課題。(共同)

小林陵ら5人が代表確実に

ノルディックスキーのジャンプ男子は6日、全日本スキー連盟が定めた北京冬季五輪の代表選考期間が終了し、派遣推薦基準を満たした小林陵侑(土屋ホーム)佐藤幸椰、小林潤志郎、伊東大貴(以上雪印メグミルク)中村直幹(フライングラボラトリー)の代表入りが確実になった。

正式に決まれば、小林陵と小林潤の兄弟は2大会連続、伊東は5大会連続、佐藤幸と中村は初の五輪代表となる。連盟は6日までのワールドカップ(W杯)個人総合上位5人を代表にすると定めていた。