文通費めぐる与野党協議、維新も参加

自民党の高木毅国対委員長=6日午前、国会内(矢島康弘撮影)
自民党の高木毅国対委員長=6日午前、国会内(矢島康弘撮影)

自民党の高木毅国対委員長は7日、日本維新の会の遠藤敬国対委員長と国会内で会談し、国会議員に月額100万円支給される「文書通信交通滞在費」(文通費)をめぐる法改正について各党で協議する枠組みの設置を説明し、参加を求めた。与野党の国対委員長代理レベルで日割り支給や使途の公開、国庫への返納について議論し、合意を得ることを想定している。

遠藤氏は日割支給以外も協議することを確認した上で、維新として参加する考えを伝えた。