コロナ「急拡大を覚悟」 後藤厚労相が感染防止を呼び掛け

官邸に入る後藤茂之厚労相=6日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)
官邸に入る後藤茂之厚労相=6日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)

後藤茂之厚生労働相は7日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者急増に関し「今後、感染拡大が急速に進んでいくことを覚悟しなければいけない」などと述べ、強い危機感を示すとともに、感染防止対策への協力を呼び掛けた。

感染経路不明のケースが多い地域などがあることに言及した上で、デルタ株から新たな変異株「オミクロン株」への置き換わりが進んでいるとの認識を明らかにした。

広島、山口、沖縄3県への適用が決まる見通しの「蔓延(まんえん)防止等重点措置」について「地域の医療体制が稼働するように、自治体や医療関係者と連携して取り組むことが最も重要だ」と強調。必要に応じて医療従事者派遣に対応する考えを示した。