北発射のミサイル音速の5倍超えか 日米韓へ脅威増す

北朝鮮の国旗(ロイター)
北朝鮮の国旗(ロイター)

北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、同国の国防科学院が5日に極超音速(ごくちょうおんそく)ミサイルの発射実験を行ったと報じた。発射後に分離した滑空弾頭部が700キロ先の標的に「誤差なく命中した」としている。韓国軍は北朝鮮が5日朝に内陸部の慈江道(チャガンド)から日本海に弾道ミサイルと推定される飛翔(ひしょう)体1発を発射したと発表していた。

北朝鮮による極超音速ミサイルの発射は昨年9月以来。この兵器は弾道ミサイル本体から分離した滑空弾頭部が音速の5倍以上の速度で低空飛行し、迎撃が困難とされる。韓国軍は今回、実際に音速の5倍を超えたと分析している。

岸信夫防衛相は、最高高度が約50キロで「これまで北朝鮮が発射したことのない新型弾道ミサイル」との見方を示した。日本政府は、国連安全保障理事会決議に違反したとして、中国・北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に厳重抗議した。

朝鮮中央通信は、滑空弾頭部が分離後、目標方角に向かって120キロを「側面機動した」と説明。横方向に変則飛行したことを意味するようだ。報道通りなら速度に加え、飛距離や制御性能も9月より格段に向上したとみられ、日米韓への脅威は一層高まった形だ。

同通信は、このミサイル開発が国防の5カ年計画で戦略兵器部門の「最優先5大課題中、最重要の核心課題だ」と強調。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記は実験に立ち会わなかったもようだが、結果に大きな満足を表したという。(ソウル 桜井紀雄、政治部 豊田真由美)