春高バレー

男子3回戦 郡山北工、懸命の反撃及ばず敗退

【第74回春の高校バレー男子3回戦 郡山北工(福島)対崇徳(広島)】第1セット ブロックに跳ぶ郡山北工・菊地凜太郎(左・10)、久保木颯士(3)=7日、東京体育館(長尾みなみ撮影)
【第74回春の高校バレー男子3回戦 郡山北工(福島)対崇徳(広島)】第1セット ブロックに跳ぶ郡山北工・菊地凜太郎(左・10)、久保木颯士(3)=7日、東京体育館(長尾みなみ撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は7日、東京体育館(東京都渋谷区)で3回戦が行われ、福島県代表の男子・郡山北工は、崇徳(広島)と対戦。ストレートで負けた。

郡山北工は第1セットの序盤、崇徳と一進一退の攻防を繰り広げた。最高到達点330センチとチーム一のジャンプ力を持つ主将でエース・久保木のスパイクなどで押し切ろうとするが、相手の強打や好サーブなどで徐々に点差を広げられ、18-25で落とした。

第2セットは序盤こそ、久保木や宮内の積極的な攻撃に加え、チームの持ち味でもある機動力を生かし、僅差でリードしたが、中盤に逆転を許す。懸命に反攻するが、崇徳の猛攻をしのげず、21-25で涙をのんだ。

久保木は試合後、「終盤で(相手の攻撃に)我慢できなかった」と敗因を分析。「悔しいが、楽しんで試合をやり切ることができた」と語った。

●郡山北工・飯沼康太監督「選手個人の力は発揮できたが、相手の勢いが勝っており、受け身になってしまった」