春高バレー

男子3回戦 高川学園(山口)フルセット及ばず

【鎮西-高川学園】第2セット、スパイクを放つ高川学園の上原怜(5)=東京体育館(桐山弘太撮影)
【鎮西-高川学園】第2セット、スパイクを放つ高川学園の上原怜(5)=東京体育館(桐山弘太撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞社など主催)は7日、東京体育館(東京都渋谷区)で男女の3回戦と準々決勝計24試合が行われた。山口県代表はともに3回戦で、男子・高川学園は鎮西(熊本)に、女子・誠英は古川学園(宮城)に敗れた。

粘りのレシーブと鮮やかな攻撃で高校総体王者・鎮西を追い込んだものの、高川学園はあと一歩及ばなかった。

攻撃が乗ってきたのは後のない第2セットから。序盤から吉田雄太(3年)や門田凌也(1年)のパワフルなスパイクが炸裂(さくれつ)。相手エースの強打を武波碧生(あおい)(3年)らリベロ陣がしぶとく拾えば、主将でセッターの長田力斗(3年)が正確なトス回しでコンビ攻撃を組み立てる。「やっていてすごく楽しかった」と長田が振り返るように、何度も「全員バレー」で長いラリーを制し、このセットを6連続得点で終えるなど流れに乗った。

第3セットも強気に攻めたが、意地を見せた鎮西に終盤の主導権を握られ、ベスト16で姿を消した。

高川学園・有吉健二監督 「途中からテンポを修正していい点の取り方ができたが、あと少し我慢ができなかった」