浪速風

ラグビー界全体を考えて

7日夜に予定されていたラグビーの新リーグ、リーグワンの開幕戦が、複数の選手に新型コロナウイルスの陽性者が出て人数がそろわなくなったため、中止となった。いきなり水を差された形だが、12チームで争う1部の残り5試合は8、9日に分散開催される。そもそも、なぜ、そんなスケジュールにしたのだろう

▶というのも、全国高校大会の決勝が、8日に大阪・花園ラグビー場で開かれるからである。関西でいえば、コベルコ神戸スティーラーズの開幕戦が同じ日に予定されている。熱心なラグビーファンが両方の会場を訪れるのは、物理的に無理である

▶新リーグ自体は、2019年ワールドカップ日本大会の盛り上がりが、ようやく結実したものだ。だからこそ、もっとラグビー界全体を考え、綿密に日程を組むべきではなかったか。拠点とする地域名に母体の企業名も入ったチーム名も長すぎ、分かりにくい。なんだか、もったいない気持ちで、いっぱいである。