北朝鮮ミサイルは「新型」 官房長官、外交ルートで厳重抗議

記者会見する松野官房長官=6日午前、首相官邸
記者会見する松野官房長官=6日午前、首相官邸

松野博一官房長官は6日の記者会見で、北朝鮮が5日朝に発射したミサイルについて「新型弾道ミサイルであると考えている」と述べ、外交ルートを通じて北朝鮮に厳重に抗議したことを明らかにした。

北朝鮮側はミサイルについて、迎撃困難な「極超音速ミサイル」だったとしており、松野氏は「国民の命を守るため何が求められるのか、いわゆる敵基地攻撃能力も含めあらゆる選択肢を排除せず現実的に検討していく」と強調した。

また、松野氏は新型弾道ミサイル発射を受け、日本政府が中国の大使館ルートを通じて北朝鮮に対して厳重に抗議し、強く非難したことも明らかにした。