速報

速報

北朝鮮がミサイル発射か 海上保安庁発表

「トランスジェンダー」利用客を書類送検 「女性として過ごしたかった」

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

大阪市内の商業施設の女性トイレに入ったとして、大阪府警は6日、建造物侵入容疑で、戸籍上は男性でありながら性自認が女性の「トランスジェンダー」を訴える40代の利用客を書類送検した。府警は検察側に刑事処分の判断を委ねる「相当処分」の意見を付けた。利用客は調べに対し「いけないことだと分かっていたが、女性として過ごしたかったので女性トイレを使いたかった」と供述している。

書類送検容疑は昨年5月末、大阪市内の商業施設の女性トイレに、正当な理由なく侵入したとしている。

府警によると、利用客は平日は職場などで男性として過ごす一方、休日は女性用の服を着て過ごしていたと説明。ただ、心と体の性が一致しない「性同一性障害」であることを示す診断書などはなかったという。

商業施設から昨年に入って以降、「女装した男性が女性トイレに入っている」と府警に相談が寄せられ、警戒していた捜査員が利用客が女性トイレに入るのを確認した。府警幹部は「苦情もあったことから、罪に問える可能性がある以上は書類送検することにした」としている。