ワクチン免除のジョコビッチ選手入国拒否 豪当局「書類不備」

ノバク・ジョコビッチ選手(ゲッティ=共同)
ノバク・ジョコビッチ選手(ゲッティ=共同)

オーストラリア当局は、テニス全豪オープンに出場するために5日深夜にメルボルンに到着したセルビアのノバク・ジョコビッチ選手の入国を拒否した。オーストラリアメディアが6日伝えた。新型コロナウイルスワクチンの接種免除に必要な証明を示すことができなかったことが理由。ジョコビッチ選手の弁護士は異議を申し立てた。

ジョコビッチ選手は男子テニスで世界ランキング1位。今回の全豪は、4連覇と四大大会歴代単独最多となる21勝目が懸かっていた。

オーストラリア当局は6日中に同国を離れるように命じた。ハント保健相は6日朝のテレビ番組で、ジョコビッチ選手の「査証(ビザ)は取り消された」と述べた。

ジョコビッチ選手のメルボルン入りに先立ち、全豪オープンを運営するビクトリア州政府が接種免除を許可した。しかし、オーストラリアは外国人の入国規制が世界でも厳しく、国内では「特別扱いではないか」と反発が広がった。連邦政府が州政府の決定を覆した形となった。(共同)