春高バレー

男子・駿台学園 フルセット逆転

【第74回春の高校バレー男子2回戦 仙台商(宮城)対駿台学園(東京)】第2セット、スパイクを放つ駿台学園の渡辺秀真(4)=6日、東京体育館(佐藤徳昭撮影)
【第74回春の高校バレー男子2回戦 仙台商(宮城)対駿台学園(東京)】第2セット、スパイクを放つ駿台学園の渡辺秀真(4)=6日、東京体育館(佐藤徳昭撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は6日、東京体育館(渋谷区)で2回戦計32試合が行われた。都勢は6校が登場、男子の駿台学園は仙台商(宮城)に勝利し、3回戦進出を果たした。

2年連続準優勝のシード校・駿台学園はこの日、初戦を迎えた。フルセットに持ち込まれたが、相手のミスもあって勝利をたぐり寄せた。象徴的なのは21-18と3点リードで迎えた第3セット。相手がスパイクやレシーブでミスを重ねると、チームは勢いづき、中島、小用、佐藤が強打を次々と決めて一気に突き放した。

主将の武本は「相手のスパイクも強烈で拾うのがやっと。試合はもつれると思った」と振り返る。梅川監督は「スタミナ勝負だった。走り込みが奏功した」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。