架空請求で1億円詐欺被害 福岡、トラブル解決名目

福岡県警中央署は6日、福岡市の男性(84)が昨年、トラブル解決のための「示談金」や「保証金」などの名目で現金支払いを求める偽の電話を受け、計約1億円をだまし取られたと発表した。詐欺容疑で調べている。

署によると昨年11月、「犯罪被害防止センター」を名乗る男らが男性に電話で「あなたの名簿情報を詐欺グループが持っていた」として偽の解決策を提示。指示に従った男性はその後、別の男から「あなたのせいで会社が損害を被った」と告げられ、12月まで計5回にわたり、自宅近くに来た男らに現金計約1億円を手渡した。

男性はその後、男らと連絡が取れなくなったことから不審に思い、警察に相談して発覚した。