北朝鮮ミサイル 「これまでにない新型」防衛相

北朝鮮のミサイル発射について取材に応じる岸防衛相=6日午前、防衛省
北朝鮮のミサイル発射について取材に応じる岸防衛相=6日午前、防衛省

政府は6日、北朝鮮が5日に発射した飛翔体が国連安全保障理事会決議に違反する弾道ミサイルだとして、中国・北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に厳重抗議した。松野博一官房長官は記者会見で「極めて遺憾だ」とした上で「国民の命を守るため何が求められるのか、いわゆる敵基地攻撃能力も含め、あらゆる選択肢を排除せず現実的に検討していく」と述べた。

政府の発表によると、北朝鮮が発射したミサイルは1発で最高高度は約50キロ。北朝鮮の朝鮮中央通信は極超音速ミサイルが700キロ先の目標に命中したと発表したが、岸信夫防衛相は記者団に「これまで北朝鮮により発射されたことのない新型弾道ミサイル」との見方を示した。また「通常の弾道の軌道であれば500キロ飛翔したと推定している」と述べた。

一方、林芳正外相はブリンケン米国務長官と電話で会談し、安保理決議に沿って北朝鮮の完全な非核化が実現するよう、引き続き緊密に連携していくことで一致した。林氏は会談で「北朝鮮による核・ミサイル活動は日本、地域、国際社会の平和と安定を脅かすものだ」と強調した。

外務省の船越健裕アジア大洋州局長も米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表と電話会談を行い、日米韓で連携することを確認。日米両政府は7日にテレビ会議方式で外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)の開催を予定しており、北朝鮮のミサイルについても取り上げられる見通し。