トラ飼育員負傷で行政指導 那須サファリパークに県

飼育員がトラに襲われる事故があった「那須サファリパーク」=5日午前、栃木県那須町
飼育員がトラに襲われる事故があった「那須サファリパーク」=5日午前、栃木県那須町

栃木県那須町の「那須サファリパーク」で飼育員3人がトラに襲われ負傷した事故で、飼育マニュアルを守っていなかった疑いがあるとして、県の動物愛護指導センターが同園に再発防止を求める行政指導をしたことが6日分かった。指導は5日付。また今後、県内の動物園に対し、飼育員の安全確保を含めた注意喚起の文書を送る。

同センターの見目晃彦所長補佐は「一度に3人が負傷するこれまでにない重大事故。同じ施設で過去にも2度、飼育員が負傷する事故が起きており看過できず、徹底した再発防止策を求めざるを得ない」と話している。

センターは事故が発生した5日、動物愛護法に基づき同園を立ち入り検査。園の肉食動物に関する飼育手順マニュアルは、営業終了後にトラが柵のある獣舎に入ったことを確認する旨の内容を記していたが、事故前日に確認を怠っていたとみられることが判明した。園は事故を受けて当面の間、臨時休園している。