漏水で校舎水浸し 堺市の中学校 臨時休校へ

給水管の漏水で水浸しになった廊下=堺市西区の市立鳳中学校(3日撮影、堺市教委提供)
給水管の漏水で水浸しになった廊下=堺市西区の市立鳳中学校(3日撮影、堺市教委提供)

堺市教育委員会は6日、市立鳳中学校(堺市西区)の校舎で給水管の漏水があり、7日は1、2年生を臨時休校すると発表した。2棟の校舎1~3階が水浸しになったという。3年生は被害がなかった教室で通常授業を行うとしている。

市教委によると、2日午後2時ごろ、出勤した職員らが校舎内の水漏れを発見。校舎東棟と中央棟の1~3階廊下や教室約20室約3600平方メートルが水浸しになったという。

両棟をつなぐ渡り廊下3階天井内の給水管が破損しており、経年劣化による腐食が原因とみられる。5日までに給水管を修理したが、天井ボードの交換が続いている。

同校では6日、被害がなかった体育館や別棟の教室を使用して始業式を開いた。11日から通常授業を再開する。