GoTo再開、当面見送り 感染急拡大で2月以降に

政府は6日、観光支援事業「Go To トラベル」の再開を当面見送る方向で調整に入った。早ければ1月下旬の再開を目指していたが、2月以降にずれ込む見込みだ。新型コロナウイルスの感染が急拡大し、沖縄、広島、山口3県に蔓延(まんえん)防止等重点措置が適用される見通しとなったため。感染状況を見極めて再開時期を探るが、大幅に遅れる可能性もある。

トラベル事業は全国一斉が原則で、政府関係者は「蔓延防止措置が1県でも発令されていれば再開はできない」としている。

トラベル事業は令和2年12月28日に全国で停止した。国土交通省は昨年11月、割引内容を見直した上で再開する方針を発表。この年末年始や、成人の日を含む連休の感染状況を踏まえて時期を決めるとしていたが、オミクロン株の市中感染が各地で相次ぎ、再開は当面難しいと判断した。