フォト特集&動画

都心、1年9カ月ぶり積雪 大雪警報発表

雪が降る東京駅周辺=6日午後、東京都千代田区(松井英幸撮影)
雪が降る東京駅周辺=6日午後、東京都千代田区(松井英幸撮影)

日本列島の上空に冬の寒気が流れ込み、6日は日本海側だけでなく太平洋側でも冷え込みが強まった。日本の南の海上を低気圧が列島に沿って東に進み、東日本から西日本の広い範囲で雲に覆われた。東京23区には大雪警報が出され、2020年3月下旬以来約1年9カ月ぶりの積雪を観測。6日午後4時現在、都心部での積雪は6センチとなった。

都内各地では建物の屋根や街路樹などが白く染まり、雪が舞う中で帰宅を急ぐ人や雪で遊ぶ子どもの姿が見られた。

ギャラリーページで見る

気象庁によると、23区での大雪警報も約4年ぶり。関東南部、静岡県や愛知県の各地にも大雪注意報が出された。

6日午後4時現在、他の主な各地の積雪量は横浜市、千葉市が各3センチ、さいたま市1センチなど。最高気温は、東京都心部が2・6度にとどまったほか、名古屋市で6・0度、大阪市で7・0度と、いずれも平年を下回る気温となった。

会員限定記事会員サービス詳細