春高バレー

女子・下北沢成徳 力で圧倒

【第74回春の高校バレー女子2回戦 城南(徳島)対下北沢成徳(東京)】第2セット、スパイクを放つ下北沢成徳・古川愛梨(6)=6日、東京体育館(甘利慈撮影)
【第74回春の高校バレー女子2回戦 城南(徳島)対下北沢成徳(東京)】第2セット、スパイクを放つ下北沢成徳・古川愛梨(6)=6日、東京体育館(甘利慈撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は6日、東京体育館(渋谷区)で2回戦計32試合が行われた。都勢は6校が登場、女子の下北沢成徳は城南(徳島)に勝利し、3回戦に進んだ。

この日が初戦の下北沢成徳が圧倒的な強さで城南を下した。第1セットは5―5まで拮抗(きっこう)。その後、初戦の緊張感を打ち破るように古川がチームトップの最高到達点300センチという跳躍力を生かし、2枚のブロックを打ち崩すと、チームは得点を重ねる。谷島も強烈なスパイクを決めるなどしてこのセットを先取する。

体力づくりに重点を置いて練習を重ねてきた下北沢成徳。第2セットはその成果がみられた。佐藤が鋭角のスパイクを決めれば、谷島も強打を放つなどパワーで圧倒し、25―10の大差で勝利した。