「米軍、悪者という見方すべきではない」 山口選出の北村参院議員

自民党の北村経夫元参院外交防衛委員長=参院山口選挙区=は6日、山口県庁で記者会見し、米軍岩国基地や基地を抱える岩国市で新型コロナウイルスの感染者が急増している状況を受け「米軍基地から拡大したことにより、(米軍が)悪者という見方をすべきでない」と語った。

基地周辺での感染拡大によって地元住民の在日米軍への感情悪化を招く可能性があるが、北村氏は新型コロナと安全保障の問題は切り離して考えるべきだとし「極東における平和の安定のためには米軍の果たす役割は大きい」と訴えた。

山口県の村岡嗣政知事は「感染拡大は岩国基地関係者の影響の可能性が高い」との見解を示している。