春高バレー

男子・日本航空 9連続得点で猛攻

【日本航空-岡谷工】第3セット、得点に喜ぶ日本航空の前嶋悠仁(1)、樋口響(6)ら=6日、東京体育館(桐山弘太撮影)
【日本航空-岡谷工】第3セット、得点に喜ぶ日本航空の前嶋悠仁(1)、樋口響(6)ら=6日、東京体育館(桐山弘太撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は6日、東京体育館(東京都渋谷区)で男女の2回戦計32試合が行われた。山梨県代表の男子・日本航空は岡谷工(長野)にフルセットの末、競り勝った。女子・帝京三は古川学園(宮城)にストレート負け。日本航空は7日の3回戦で川内商工(鹿児島)と対戦する。

日本航空は逆転勝ちで3回戦に駒を進めた。第1セット序盤はエースで主将の前嶋の調子がいまひとつ。セッターの樋口が「みんなで(点を)取っていこう」とトスを散らしたが、このセットを落とした。後がない第2セット。中盤に5連続得点でリードすると、調子が上向いてきた前嶋のフェイントや小林のスパイクで得点を重ね、フルセットに持ち込んだ。

最終セットは序盤、互いに点を取り合う緊迫した展開。中盤に利川らの活躍で点差を広げると、15-12から9連続得点の猛攻で一気に試合を決めた。

前嶋は「目標の優勝に向け、まずは準々決勝を目指して一試合一試合、しっかりとやっていきたい」と力を込めた。

◯日本航空・月岡裕二監督「どちらが先にミスをするかの苦しいゲームだったが、そこで勝てたことは選手にもプラスになった」