春高バレー

男子2回戦 清風(大阪)流れつくれず

【県岐阜商-清風】第1セット、スパイクを放つ清風の辻諒月(3)=東京体育館(佐藤徳昭撮影)
【県岐阜商-清風】第1セット、スパイクを放つ清風の辻諒月(3)=東京体育館(佐藤徳昭撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞社など主催)は6日、東京体育館(東京都渋谷区)で男女の2回戦32試合が行われた。大阪府代表の女子・金蘭会が松山東雲(愛媛)を、大阪国際滝井も福井工大福井(福井)をともにストレートで破り初戦を突破した。男子・清風は県岐阜商(岐阜)に敗れた。7日の3回戦は金蘭会が都城商(宮崎)、大阪国際滝井が共栄学園(東京)とそれぞれベスト8進出をかけて対戦する。

前回大会4強の清風は、大会ナンバーワンセッターとも呼ばれる前田凌吾(3年)を中心としたコンビバレーで初戦に臨んだが、流れをつくれずにストレートで負けを喫した。

序盤は1点を奪い合う拮抗(きっこう)した試合展開となったが、立て続けにサービスエースを奪われるなど徐々に相手に流れが傾き、第1セットを落としてしまう。

迎えた第2セットでは、相手ブロックの逆をつき、コートを横断させる前田のトス回しに辻諒月(りょうが)(3年)らが食らいついてスパイクを放つ。しかし、「受け身にまわってしまった」(山口誠監督)ことからサーブやスパイクのミスによる失点が続き、最後まで流れをつくれずに2回戦での敗退が決まった。

清風・山口誠監督 「攻撃が単調になり、取るべきところで得点を奪えなかった。少しでも長く選手に試合をさせたかったが初戦の難しさを感じた」