米、カザフ当局に自制促す

5日、カザフスタンのアルマトイで、デモ参加者らに火を付けられた車(ゲッティ=共同)
5日、カザフスタンのアルマトイで、デモ参加者らに火を付けられた車(ゲッティ=共同)

サキ米大統領報道官は5日の記者会見で、中央アジアのカザフスタンで起きた大規模デモを巡り、情勢を注視していると強調した上で、デモ隊に平和的な行動、当局に対しては取り締まりの際の自制を呼び掛けた。

一方、サキ氏は「ロシアでデモの背後に米国がいるとの狂った主張がある」と批判し「完全な誤りで、いつものロシアによる偽情報作戦の一環であることは明白だ」と述べた。(共同)