東京消防庁が出初め式 伝統のはしご乗りも披露

東京消防庁の恒例の出初め式で、見事なはしご乗りを披露する江戸消防記念会=6日午前、東京都江東区有明(酒巻俊介撮影)
東京消防庁の恒例の出初め式で、見事なはしご乗りを披露する江戸消防記念会=6日午前、東京都江東区有明(酒巻俊介撮影)

東京消防庁の新春恒例の出初め式が6日、東京臨海広域防災公園(東京都江東区)で行われ、同庁職員ら約2100人が参加した。2年ぶりに有観客で行われ、事前応募した約800人が雪の舞う中で式を見守った。

清水洋文消防総監はあいさつで、昨年12月に大阪市で発生したビル火災に触れ、都内にある同じような構造の建物に立ち入り検査し防火安全対策を徹底すると訓示。患者を迅速に医療機関に搬送するための救急出動態勢の確保に努め、「誰もが安全で安心して暮らせるセーフ・シティの実現に取り組んでいく」と述べた。

式では、女性職員によるカラーガーズ隊や音楽隊が入場行進し、地震発生をきっかけとした火災や災害を想定した消火、救助訓練などを実施。江戸時代の「火消し」文化を伝える伝統のはしご乗りなどが披露された。