日米、原子力での連携強化 高速炉や小型炉実証 経産相、米エネ長官と会談

萩生田経産相
萩生田経産相

萩生田光一経済産業相と米エネルギー省のグランホルム長官は6日、オンライン形式で会談した。米企業などが開発する原子力の高速炉や小型モジュール炉(SMR)の国際連携による実証に、日本政府として取り組む方針を伝えた。原子力分野で、日米の連携を強化する。

原発の再稼働が滞る中、政府は今後も原発を一定程度活用する方針で、SMRや高速炉など次世代技術の開発に取り組む姿勢を強めている。

会談では、脱炭素に向け、環境負荷の少ないクリーンエネルギーで協力することも確認した。萩生田氏の着任後、両者が会談するのは初めて。高速炉やSMRをめぐって、日本政府は昨年10月に改定したエネルギー基本計画で、米国やフランスなどとの国際的な実証事業に参加する日本企業を支援する方針を盛り込んだ。

日米両国は昨年4月の首脳会談で「日米気候パートナーシップ」を発表。2050年の温室効果ガス排出実質ゼロ目標の実現に向け、再生可能エネルギーや蓄電池、原子力などの分野で連携を強化している。