速報

速報

北が短距離弾道ミサイル2発、平壌の空港付近から

春高バレー

女子・共栄学園 死闘制し3回戦へ

女子2回戦 東九州龍谷(大分)-共栄学園(東京) 第2セット、得点して喜ぶ共栄学園の選手ら=6日、東京体育館(撮影・甘利慈)
女子2回戦 東九州龍谷(大分)-共栄学園(東京) 第2セット、得点して喜ぶ共栄学園の選手ら=6日、東京体育館(撮影・甘利慈)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は6日、東京体育館(渋谷区)で2回戦計32試合が行われた。都勢は6校が登場、女子の共栄学園は東九州龍谷(大分)に勝利し、3回戦に進んだ。

共栄学園は、前々回大会優勝の名門・東九州龍谷とフルセットまでもつれる死闘を演じた。

序盤から互いに譲らないシーソーゲームとなった第1セット。途中から相手に強打などを決められ、点差が広がり、このセットを落とした。

第2セットも中盤まで一進一退の攻防となったが、今度はエース・堤のスパイクや和田、大平らの活躍もあり、25-17で奪った。勝負の第3セットは序盤から勢いに乗り、試合の主導権を握る。ラストは頼みの堤が放ったスパイクが決まり、3回戦進出を決めた。