春高バレー

女子2回戦 大阪国際滝井(大阪) 光る速攻

【大阪国際滝井-福井工大福井】第1セット、得点を挙げて喜び合う大阪国際滝井の選手=東京体育館(甘利慈撮影)
【大阪国際滝井-福井工大福井】第1セット、得点を挙げて喜び合う大阪国際滝井の選手=東京体育館(甘利慈撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞社など主催)は6日、東京体育館(東京都渋谷区)で男女の2回戦32試合が行われた。大阪府代表の女子・金蘭会が松山東雲(愛媛)を、大阪国際滝井も福井工大福井(福井)をともにストレートで破り初戦を突破した。男子・清風は県岐阜商(岐阜)に敗れた。7日の3回戦は金蘭会が都城商(宮崎)、大阪国際滝井が共栄学園(東京)とそれぞれベスト8進出をかけて対戦する。

前回準優勝の大阪国際滝井はセッターの主将・浜田真友(3年)を中心とした戦いで相手を圧倒し、危なげなく快勝した。

第1セットは、序盤から西﨑梨乃(2年)のスパイク、清岡美緒(3年)の移動攻撃などで得点を重ねた。浜田は「自分たちのやるべきことを強く意識し、自然と流れに乗れた」という。中盤以降も藤原絢奈(3年)のスパイクなどで加点し25-17で先取した。

第2セットも勢いは止まらず、中盤からは得意のスピードあるコンビバレーを展開。西﨑のスパイクなどで13連続ポイントを奪った。終盤、相手の強烈なスパイクやサービスエースに粘られる場面はあったが最後まで相手に主導権を渡さず、ストレート勝ちした。

大阪国際滝井・才﨑哲次監督 「初戦としてまずまずの出来。ボールコントロールや速攻を生かす戦術を意識しながら試合ができた」