ひこにゃんに年賀状続々、大橋悠依選手からも

47都道府県と台湾、ドイツなど五つの国・地域から送られた年賀状の山を前に喜ぶひこにゃん=6日午後、滋賀県彦根市
47都道府県と台湾、ドイツなど五つの国・地域から送られた年賀状の山を前に喜ぶひこにゃん=6日午後、滋賀県彦根市

滋賀県彦根市は6日、市のゆるキャラ「ひこにゃん」宛てに1万2370通の年賀状が届いたと発表した。47都道府県と台湾、ドイツなど五つの国・地域から送られ、同市出身で東京五輪の競泳女子個人メドレーで2冠を達成した大橋悠依選手(26)からも届いた。

ひこにゃんは国宝・彦根城の庭園内の建物であったお披露目会で、干支の「寅」にひこにゃんが乗っかったイラストなどの年賀状の山を見て、胸の鈴を鳴らして喜んだ。「いっぱい食べて、いっぱい歩いて、よく寝て元気な1年にしたい」との抱負を担当者を通じ披露した。

47都道府県と台湾、ドイツなど五つの国・地域から送られた年賀状の山を前に喜ぶひこにゃん=6日午後、滋賀県彦根市
47都道府県と台湾、ドイツなど五つの国・地域から送られた年賀状の山を前に喜ぶひこにゃん=6日午後、滋賀県彦根市

1万通を超えるのは13年連続。「雪が多くて大変ですね」と昨年末の大雪を心配するメッセージや「コロナ禍で会えなくて寂しい」との言葉が記されたものもあった。

連絡先が分かる人には彦根城の招待券が付いたはがきを返信する。

47都道府県と台湾、ドイツなど五つの国・地域から送られた年賀状の山を前に喜ぶひこにゃん=6日午後、滋賀県彦根市
47都道府県と台湾、ドイツなど五つの国・地域から送られた年賀状の山を前に喜ぶひこにゃん=6日午後、滋賀県彦根市