「女湯に入る自分に興奮」 女装の男を書類送検 大阪

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

銭湯の女湯に侵入したとして、大阪府警住之江署は6日、建造物侵入容疑で堺市西区の派遣社員の男(48)を書類送検した。男はかつらなどを身に着け女装していたといい、「女湯に入ることで女装の完成度を確認したかった」と供述している。

書類送検容疑は、昨年9月24日午前、大阪市住之江区の銭湯の女湯に侵入したとしている。

同署によると、当時女湯には数人の女性客がおり、女性従業員から「女湯に入った男を確保した」と通報を受けて発覚。男は当初、「私は心は女」と説明し、長髪のかつらにミニスカートを着用して任意聴取に応じていた。

しかし、その後の調べで、「LGBT(性的少数者)ではない」と供述を一変。動機について「女湯に入っている自分を思い描くと興奮した」「男性より女性のほうが楽ができ、得だと思ったから女装した」などと説明しているという。