国際郵便トップに日本人 目時氏、UPUで就任式

UPU本部に到着し、職員らの出迎えを受ける目時政彦氏(左)=5日、スイス・ベルン(共同)
UPU本部に到着し、職員らの出迎えを受ける目時政彦氏(左)=5日、スイス・ベルン(共同)

国際郵便を管轄する国連の専門機関、万国郵便連合(UPU)の事務局長となった目時政彦氏(63)の就任式が5日、スイスの首都ベルンのUPU本部で開かれた。日本人が国連機関のトップに就くのは、国際原子力機関(IAEA)事務局長の天野之弥氏が在職中に死去した2019年以来。

目時氏は就任式を前に共同通信の取材に応じ、「加盟国から個別に要望を聞いていきたい。大風呂敷を広げるのではなく、確実にできることを示すことで信頼を勝ち取っていきたい」と意気込みを語った。

就任は1日付。任期は4年間で再選も可能。目時氏は郵政省(現総務省)出身で、郵政民営化後は日本郵便に移り常務執行役員を務めた。新型コロナウイルス感染症の影響で1年延期された事務局長選で昨年8月、日本人として初選出された。(共同)