トヨタ社員を書類送検 東京パラ選手村自動運転バス事故

東京パラリンピック選手村で昨年8月、自動運転バスが視覚障害のある日本代表選手に接触して軽傷を負わせた事故で、警視庁交通捜査課は6日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、オペレーターとして搭乗していたトヨタ自動車の男性社員(39)を書類送検した。

同課によると、男性社員は容疑を認め、「選手が渡ってきていることに気が付いていた」との趣旨の供述をしているという。

書類送検容疑は昨年8月26日午後2時ごろ、東京都中央区晴海にあった選手村の交差点で、自動運転バスを発進させ、横断歩道を渡ろうとした柔道(視覚障害)男子81キロ級代表の北薗新光(きたぞの・あらみつ)選手(30)に接触し、左足にけがを負わせたとしている。

バスはトヨタ自動車が開発した自動運転の電気自動車(EV)「e―Palette(イーパレット)」で、選手らを運ぶために村内を巡回。自動運転の技術レベルは5段階中で下から2番目の「高度な運転支援」に当たり、加速・減速や右左折を自動でできるが、オペレーターによる監視が必要で、同課は男性社員に回避義務があったと判断した。

事故当時、バスは事故にあった選手とは別の存在を検知し横断歩道の前でいったん停止。その後、バスのオペレーターである男性社員がバスを発進させた直後に左前方から横断してきた北薗選手と接触したという。