米FRB、「想定より早く」利上げ 物価高で、12月会合議事録

米首都ワシントンにある米連邦準備制度理事会(FRB)の建物(共同)
米首都ワシントンにある米連邦準備制度理事会(FRB)の建物(共同)

米連邦準備制度理事会(FRB)は5日、昨年12月14、15両日の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録を公開した。物価の急上昇などを受け、出席者は「想定していたより早く、またはより速いペースで政策金利を引き上げるかもしれない」と事実上のゼロ金利政策解除の前倒しや、その後の利上げを早める可能性に言及した。

FRBは2022年中に事実上のゼロ金利解除を含めて政策金利を3回引き上げる見通しを公表しており、最近の大幅な物価高を抑えるために来年3月にも利上げを始めるとの見方が金融関係者から出ている。会合では、米国債などを大量購入する量的金融緩和策で膨らんだFRBの保有資産を早期に縮小することに前向きな声も出た。

昨年11月の個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月比5・7%上がり、上昇率はFRB目標の2%を大きく上回っている。物価高の要因となっている供給面の制約などが「想定より長期化し、より広がる可能性が高い」とし、大部分の出席者は「インフレのリスクが高まった」との見方を表明した。(共同)