春高バレー

男子・東京学館新潟 高い壁崩せず

【郡山北工-東京学館新潟】第1セット、スパイクを放つ東京学館新潟の山下隼也(7)=6日、東京体育館(桐山弘太撮影)
【郡山北工-東京学館新潟】第1セット、スパイクを放つ東京学館新潟の山下隼也(7)=6日、東京体育館(桐山弘太撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は6日、東京体育館(東京都渋谷区)で男女の2回戦計32試合が行われた。新潟県代表の男子・東京学館新潟は郡山北工(福島)と対戦したが、ストレート負けを喫し、3回戦進出を逃した。

東京学館新潟は最後まで攻めたが、郡山北工の堅守に阻まれた。

渡辺監督が「雰囲気にのまれた」と語るように、第1セット序盤は攻撃陣が決め切れず劣勢に。山下のスパイクや岩森のサーブが決まり始めるが、自慢の3枚ブロックが相手の攻撃に崩されるなど最後まで追いつけず、このセットを落とす。

ハーフタイム中に「守るな」と発破をかけられた主将の木下は第2セット序盤、本来の思い切りの良さを発揮した。力強いオープンや時間差攻撃を繰り出すと、鏡らの速攻も光り、いったんは流れをつかんだ。しかし、相手の粘り強いレシーブからミスが出てしまい、点差は広がる。

それでも得点するたびに全員で雄たけびを上げ、互いを鼓舞したが、あと一歩及ばなかった。木下は試合後、悔しさをにじませながら「達成感もある」と仲間に感謝した。

●東京学館新潟・渡辺健太郎監督「選手はあきらめず練習の成果を出してくれたが、攻守にバランスの良い相手を崩せなかった」